AGA治療薬は通販で購入するのが得

AGA治療薬は通販が得?

AGAの治療をする方法には大きく、他の病気と同じように医療機関に通って治療をする方法と、AGA治療薬を外国から個人輸入して自分で治療する方法の2種類がありますが、治療にかかる費用の面から見ると個人輸入の方が断然お得です。 医療機関に通うと、医師が患者の状態に適した治療法を提案し、実際にその方法で治療してくれます。

安心感がありますが、処方される薬の代金だけでなく、手術料や診察料、検査料なども支払わなければならず、1回医療機関に行くだけで多額の費用がかかってしまいます。

もっとも費用が安くなる薬物療法であっても、1回あたり2万円から3万円程度は出費しなければならないことがあるため、多少費用がかかっても良いと考えている人であっても、医療機関に行くことは躊躇しがちです。

これに対して、外国製のAGA治療薬を個人輸入する方法だと、出費は注文した薬の代金と手数料程度しかなく、薬については日本国内で販売されている承認薬より価格がずっと安い製品が多くみられます。

なので、医療機関で1回診療を受ける場合の半分にも満たない費用でAGA治療を試みることができます。

個人輸入を利用する方法は、お金をかけずにAGAの治療をしたいと考えている人には特におすすめです。

AGA治療薬を個人輸入をする場合は、代行業者が運営する通販サイトから注文をして手に入れることになりますが、きちんとした代行業者から注文している限り、個人輸入に危険性は全く無く、安全にAGAの治療を続けていくことができるでしょう。

ただし、個人輸入をする際には、1度に手に入れられるAGA治療薬の数量が制限されていることに注意が必要です。

個人輸入代行業者の利用規約は日本の薬機法に基づいて定められており、1回あたりに注文できる数量に上限が定められていたり、まとめて注文できても1度に自宅に届けられる数量が制限されていることがあります。

この数量は医薬品の用法と用量に基づいて決まるため、通販サイトや製品の添付文書に記載されている方法を守って服用を続けていれば、薬が余ることがあっても足りなくなることはないでしょう。

また、人によってはAGA治療薬を飲み続けることで副作用が生じることがありますが、個人輸入してきた治療薬を飲んで副作用の症状がでても医薬品副作用被害救済制度の対象とはならないので注意が必要です。

この制度は、国内で製造されている製品を適正に使用している場合に適用できるものであるため、外国製の医薬品についてはたとえ用法・用量を守って使用していたとしても救済を受けることはできません。

AGA治療薬は通販で購入するのが得?


<< 前のページに戻る