プロペシアとミノキシジルの特徴

プロペシアとミノキシジル

AGA(男性型脱毛症)では薬物による治療がよく行なわれています。

AGAに効果があるといわれている成分はいくつかありますが、その中でも特に治療で用いられる事が多いのが「プロペシア」と呼ばれる飲み薬と「ミノキシジル」と呼ばれる成分が含有されている塗り薬です。

プロペシアは錠剤タイプの飲み薬で、錠剤中には5α還元酵素阻害薬の一つであるフィナステリドと呼ばれる成分が含有されています。

5α還元酵素阻害薬は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンを、ジヒドロテストステロン(DHT)という強力な作用を持つ男性ホルモンに変換するのに関与する5α還元酵素の活動を妨げて、体内のDHT濃度の増加を抑制します。

これがAGAの進行を遅らせる効果があります。

DHTの濃度を減少させることがなぜAGAの治療に良いのかというと、DHTが頭部の毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体と結合して脱毛因子と呼ばれる物質を放出してしまいます。

これが毛乳頭に対して髪の毛の成長を止めるよう命令を出すことでヘアサイクルが短くなり、毛髪が十分に成長しないまま抜け落ちていくようになるからです。

プロペシアは効果がはっきりと自覚できるようになるまで時間がかかるのが特徴で、製造元では少なくとも6ヶ月間は継続して服用して効果を確認することとしています。

一方、ミノキシジルは発毛剤として販売されている製品の薬剤に含まれていることが多い成分です。この成分には血管を拡張する作用があり、頭皮に塗ると頭部をはしる毛細血管が拡張されて血流が良くなります。

これは毛髪の成長に必要な栄養素を毛乳頭へ到達しやすくし、質の良い毛髪を生成させやすくする効果があります。

これは以前から主張されてきた作用機序ですが、近年はミノキシジル自体に成長因子の産生を促す作用があり、生成された成長因子が毛母細胞に命令をだして細胞分裂を促進させ、毛髪を成長させるという説が登場しています。

いずれの説であっても、この成分に発毛を促す効果があることには違いはなく、プロペシアとは薬理作用において重複する所がないことから、AGAの治療ではプロペシアとミノキシジルは同時に使用されるケースがほとんどです。

ミノキシジルは作用が非常に強いのが特徴で、多く塗りすぎると皮膚が炎症を起こす可能性があります。

発毛剤を製造するメーカーではその点を考慮して、薬剤中のこの物質の含有量を女性向けの製品については1%、男性向けの製品については最大で5%程度に抑えています。

プロペシアとミノキシジルの特徴とは?


<< 前のページに戻る