何故、男性型薄毛症になるのか?

男性型薄毛症になる理由

AGAとは男性型薄毛症、男性型脱毛症と訳される頭髪トラブルです。何故、男性型薄毛症になるのか、その理由として挙げられるのは次のようなことです。

まずは男性ホルモンと特定酵素の結合です。これは男性ホルモンと特定酵素が結合すると、男性ホルモンがより作用の強い物質に変換されてしまうことで発症すると言うメカニズムです。

より作用の強い男性ホルモンには、皮脂を過剰分泌する作用があります。また発毛や育毛のサイクルを乱れさせる作用もあることから、 こうしたメカニズムが発生すると頭皮の環境が乱れて、AGAの症状が出やすくなると言うことです。この受容体は、前頭部や頭頂部に多く存在していると言われています。

そのためAGAになると、この部分に薄毛が発症しやすくなるとされています。それから生活習慣です。発毛が正しく行われるためには、あらゆる機能が正常に果たされる必要があります。

そのため、その機能のどれかひとつにでも支障が発生していると、男性型薄毛症は発症しやすくなります。

そしてこうした機能に対する支障を引き起こす原因の中には、生活習慣が関係しているものも少なくありません。たとえば睡眠に関してです。

毎日、寝不足が続いているとか、眠りの質が悪いと言う場合には、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌量の低下が起こりやすくなります。

成長ホルモンは発毛や育毛のためのスイッチを入れる役割を果たしているホルモンですから、この分泌量が減少すると、薄毛などの頭髪トラブルは起こりやすくなります。

それから食事バランスの極端な偏りです。髪の毛はタンパク質を材料にしてできるものです。そしてその質を良いものに保つためには、ミネラルの存在も欠かすことができません。

更に発毛に際して行われる毛母細胞の分裂には、それを促進するような亜鉛などの栄養が必要です。

よって食事の栄養バランスが偏り、これらの摂取量が極端に少ないような状況が続くと、やはり男性型薄毛症は発症しやすくなります。

また喫煙、過剰な飲酒がある場合も、発毛、育毛サイクルに支障が出やすくなります。これは喫煙や過剰な飲酒には、血管の健康に対して大きなダメージを与えるためです。

毛母細胞の分裂には、血液にのって栄養や酸素が届けられることが必要です。そしてしっかりと血液が流れるためには、血管が健康であることが求められます。

そのため喫煙、過剰な飲酒などによりダメージが発生すると、薄毛や脱毛などが出やすくなると言えます。

AGAは進行性の症状ですから、原因を特定して、できるだけ早くから治療を始めることが求められます。

何故、男性型薄毛症になるのか?


<< 前のページに戻る